ホーム > 伸長法 > 背を伸ばすために

背を伸ばすために

背を伸ばすためにまず考えなければならないのは「食料」です。身長を伸ばそうと思うと食事の頻度や分量を切り詰めることを考えてしまいます。しかし食事で背を伸ばす技法は、体重を引き下げることはできても合わせて減ってはいけない骨組織や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危ないです。このようなやり方では健康さのための背を伸ばすという目当てとは異なるものになり、なんのために身長を伸ばすのかわからなくなってしまうでしょう。背を伸ばすの基礎は一日3食をきちんきちん規則正しくとることです。3食の食事期間は5~6時間空けるようにすればおやつを防ぎ、体脂肪を燃すことができます。背を伸ばしたい人は一日の中でとくに朝ごはんをしっかり取り入れることが大事です。朝ごはんは沢山食べても体脂肪が貯えられにくので安心です。何故なら食事量がいっぱいでも1日の行動で活気を消耗していくことが可能だからです。

おすすめの伸長法メニューは上嶋式伸長法ヨガの組み合わせです。均衡の取れた料理をするように心がけましょう。また身長を伸ばしたいからといって食事を抜くと胃腸の吸収力が上ぼり、次の食事でより精力を取り込もうとするので太りやすくなります。また晩ご飯の量は極力少なくする必須があります。日暮れ以後は活動量が下がり、五体をやすめるときだからです。このような1日の食事量の配当にも気をつけましょう。基準としては「朝5:昼3:夕1」ぐらいが最高です。朝ごはんでがっしりと栄養分を摂るようにすることが重大性です。釣り合いの取れたメニューでできれば和食重心の献立にしていきましょう。