ホーム > 生活 > 国際結婚手続きは許可制なのか?

国際結婚手続きは許可制なのか?

国際結婚手続きと一口にいいっても、実際には、色々な国ごとの国内法
により規律されています。なので、日本人にとっては届出をするだけの
結婚も、国によっては、許可制のところもあるんです。

タイ人はとてものんびりしているので、中国人と商売をしている人に
とっては、日本人に近い感覚でビジネスをすることができます。
私の友人は、タイ人と結婚したのですが、その奥さんは、ちゃんとタイ
での名前変更までしてちょっとびっくりです。


国際結婚手続きは、例えば、韓国人男性との結婚を禁ずる国もあるらしい
です。

国際結婚手続きをタイついて考えることは興味深いことです。
なぜなら、タイは、つい数年前まで、他国に比して、かなりめんどくさい
国際結婚手続きを要求していたのです。それは、宣誓翻訳者なる制度で、
大使館や領事館に提出する書類を日本語に翻訳する場合には、あるいは、
タイ語に翻訳する場合には、翻訳者が、領事館で宣誓をしなければなら
ないとするものです。

国際結婚手続きは何でもいいから進めれば言いと言う考えだと、日本を
先行した時に取り返しが就かないことになる場合もあります。

これは、その辺の翻訳会社を利用できないということですので、とても
割高ですし、この宣誓翻訳者の要求する代金はひとによってまちまちで、
統一料金でなかったので、いっぱい支払えば早く処理してくれるけど、
そうでないと非常にスローな対応をされるという評判でした。

国際結婚手続き タイは、そのような他国と比しても段違いに厳格な
手続きをとっていたものを、数年前に改めて、今では随分楽な申請に
なりました。おまけに、日本の市区町村によっては、婚姻要件受理証明書
を要求しないところもあるので、そういう役所に当たった方はラッキーです。
在留資格「日本人の配偶者等」は、行政書士さんにお願いしましたが、
それでよかったと思っています。
タイが好きな日本人は、その魅力をよく
台湾と比較しますが、タイの方がのんびりしていると言うのは衆目の
一致するところです。

結論として、国際結婚手続きは、行政書士さんにお任せしたほうが良いです。