ホーム > 仕事 > 在留期間の更新

在留期間の更新

在留資格更新は、期限が切れる3ヶ月前から行なうことができます。
これができないと、大変なことになるので、早めに準備しましょう。

在留資格とは、外国人が日本に入国し在留して行うことのできる活動等を
類型化したもののことです。現在は27種類あります。在留資格認定証明書
とは、この入国管理法で定められた在留資格に該当した活動内容であること
を、法務大臣が証明した文書のことになります。

在留資格更新は、在留の期間を延長・更新することであるわけです。

在留資格の内容によって、その在留期間も違ってくることになるのです。
手続き対象者は、外国にいて日本に入国・在留することを希望する外国人
なのですから、当然実際の手続きは日本にいる代理人が行うことになります。
代理人は通常の場合、手続きに慣れている行政書士が行うことが多いです。

在留資格更新は、前もって、お近くの地方入国管理局に行います。

必要となる書類は、在留資格の内容によって異なることになりますが、
審査の期間には1ヶ月から3ヶ月もかかってしまうこともあるので、日程には
余裕を持って早めに、専門家への相談をするようにします。

在留資格更新をきちんと行なうために、行政書士を利用するのもよいですね。


関連記事

ブラジルでの国際結婚手続き 大騒動
国際結婚手続きは、ブラジルでもフィリピンでもさして変わりはないのです。在留資格認...
国際結婚手続き ブラジル
国際結婚手続きをブラジルで見ていくとき、重要なのは、婚姻要件です。在留資格認定証...
在留期間の更新
在留資格更新は、期限が切れる3ヶ月前から行なうことができます。これができないと、...